思い起こした様に訪れてみた隣県のアニマル園

撮影の関心を失ってから約5時世、さっぱり赴きそびれてしまっていた隣県の大きめ鳥獣園。
素地が濃い森林地帯という事もあってマジ清々しく、また飼育・展示されて要る鳥獣の種類がマジバラエティーに富んでいる件から、リラクゼーション住所としてもマジお宝だったのですが、5時世前に経済的な理由でカメラを手放してからは関心をだんだん失い、足が遠のいてしまっていたのです。
飼育されている鳥獣の中でも花クラスで、私も一際フェチだったのはネコ科の鳥獣。中でもサーバルを始めとしたそれほど小型のヤマネコの洗練されたファッションが好きで、被写体としても好んで撮影していたものですが、アクセスが遠のき早5時世、此度どうなっているのか急に気になり、久々にまわる件にしたのです。
哺乳類の中ではさほど短命で、代替わりも頻繁に行われがちなネコ科ですからポツポツ思いにはなっていたものの、久々に訪れてみるとやっぱし、5匹のうち半限りが若々しい個体に代替わりしてしまい、いつぞや元気な姿を見せていた達人らのファッションは残念ながら無くなっていたのです。
これもトレンドですから仕方のない件として、他のクラスも引き続き元気の個体が多くわずか安心したのも事例。交代が酷い大きめ爬虫類や長寿の鳥類は随分状態が変わっていない個体も手広く、驚かされたタイプ。
いずれにせよ、今後はキャプチャー目的ではなく、ふとした憂さ晴らし目的で定期的に訪れてみようかと思っています。

沼津 脱毛